前へ
次へ

税務代理時の税理士証票の提示について

税理士は税務の専門家として、税務相談、税務関係書類の作成、税務代理行為などの税理士行為を行っています。税務相談、税務関係書類の作成、税務代理行為については、有償・無償にかかわらず、税理士以外の者が行うことは税理士法で禁止されています。税理士は、その所属する税理士会および日本税理士会連合会の会則の定めにより、定期的に税理士証票を交換しなければなりません。税理士証票は、税理士名簿に登録された者に交付され、税理士または税理士法人が、税務代理を行う場合には、その税務代理に係る税務官公署の職員に面接するときには、これを提示しなければならないこととされています。税理士証票については、税理士の登録を受けたことを公に公表するものです。

top用置換

top用置換2
Page Top